親の期待と子どもの気持ち

私はピアノを15年間習い続けてきました。
私自信が習いたいと言ったわけではなく、母親が幼いころに習いたかったそうです。
でも、自宅にピアノがないから駄目だと言われ、泣く泣く諦め、その夢を娘に託したのでしょう。

もちろん、そんな理由で始めたピアノなので、私は大嫌いでした。
ピアノの先生も私がピアノを苦手だと思っていることが分かっていたと思います。
好きでないとなかなか上達しないピアノ。
15年間も習い続けていてピアノをこの程度しかできない私は、誰にもピアノを習っていたということが言えません。

でも、先日子どもにピアノを弾いてと児童館で言われ、私は久しぶりに鍵盤を弾きました。
あの頃の感覚が一気に甦ってきて、その時に初めて「楽しい」と思えたのです。
なぜかはわかりませんが、子どもと一緒にひいたピアノはとても楽しかったのです。
そして、その姿を見ていた児童館の先生に「あら?お母さん昔ピアノやっていたの?」と聞かれたのです。

私は急に恥ずかしくなって「本当に少しだけなのですが、幼いころ…。」と言うと、弾き方が全然違うと言われました。
ピアノって、弾いていないと指は動かなくなるし、音が転びます。
その時引いたピアノで私は自分の指が思うように動かなかったのですが、それでもこのように言われたことが嬉しかったです。
娘はそれ以降、ピアノを習いたいと言い、今ピアノ教室を探しているのですが、やはり自分の子供に夢を託したところでうまくはいかないのです。

母には申し訳ないことをしましたが、私はその母の教訓を生かして、子どもには好きなように道を選ばせてあげたいと思います。
好きこそものの…と言いますが、本当に好きなことがうまくなるには一番の条件です。
娘はきっと私よりもうんとピアノが上手になるに違いありません。

医学論文の翻訳と校正
お預かりした原稿の専門領域や文書のスタイルに精通したネイティブチェッカーが担当いたします。
www.honyakucenter.jp/

«