先輩の弱点

私が働いている会社に、Nさんという先輩がいます。
Nさんはかなりの天然で、いつもすっとぼけたことを真顔で言っては笑わせてくれます。
そんなNさんはかわいらしい容姿に似合わず料理が全くできません。

Nさんと一緒にお昼の休憩を取っていた時のこと。
私が持参した手作りのお弁当を見て、Nさんが「自分で作ってるんですか?」と聞いてきました。
一応自分で作っていますが、手が込んでいるわけでは決してないし、おかずの量も少なく、冷凍食品も入っていたりする貧相なお弁当です。

それなのに、Nさんはキラキラした目をして「すごーい!家庭的なんですね!!」と褒めてくれました。
Nさんと喋っていると、自分はもしかして料理上手で家庭的な女性なのではないかと勘違いしてしまいそうになります。
最初は社交辞令かとも思いましたが、Nさんの人柄的にどうもそうではないようなのです。

ある時、Nさんが私にこう言いました。
「知ってました?からあげって作れるんですよ」
一瞬、時が止まりました。

何が言いたいのかよくわからず、詳しく話を聞いてみました。
すると、親戚の家に遊びに行った時に、からあげを作ってくれたみたいなんです。
Nさんは、なぜかからあげというものは既製品しか存在しないものと思い込んでいたようで、驚愕したんだそうな。

Nさんは実家住まいなのですが、父子家庭で、お父様が一切料理をしないそうです。
お惣菜やお弁当、出前などで済ませているんだとか。
それを聞いて、なるほど・・・と思いました。

世の中、いろんな人がいるものです。
Nさんは仕事もできるし、見た目もかわいらしく、弱点なんてないと思っていましたが・・・。
他人事ながらちょっぴりNさんの将来が心配になってしまいました。

安全な食肉卸業者
食肉卸専門店だからこそ高品質で安心安全な食肉を納得の卸価格で取り扱っております。
meat-kimura.co.jp/

«
»