日本の伝統

日本の伝統的な美術と言えば浮世絵画だ。
日本人なら知らない人はいない「葛飾北斎」は後期から終期に活躍していた浮世絵師だ。
北斎は海外の作家にも影響を与えていると言われている。

北斎が浮世絵師として活躍していた頃、ヨーロッパでは見たままをリアルに描く写実主義が主流となっていた。
浮世絵は写実主義とはまったく異なり、デフォルメを加えたものが多く漫画的とも言える。

そもそも浮世絵は版画だから、リアルに写実的にというのが難しいところではある。
写実的ではない浮世絵は19世紀の画家に影響を与え、印象派誕生のきっかけを作ったとも言われている。

ジャポニズムと呼ばれる現象で、ゴッホ、モネ、マネ、ドガ、セザンヌ、ロートレックなどの画家たちが浮世絵の影響を受けている。
当初浮世絵それ単体で美術日としての輸出ではなく、伊万里焼などの陶磁器の包装紙として使われていた。

北斎の浮世絵は独特な構図をしている。
ぶんまわし(今で言うコンパス)と定規を使い構図が考えられている。
この独特の構図が北斎作品の魅力の一つだ。

そしてそのデフォルメ力も大きな魅力だ。
私が特に好きなのは「木曽路の奥阿弥陀ヶ滝」だ。
そのデフォルメ、構図、色彩。ずっと見ていたくなる作品だ。

作品だけではなく、北斎自身の人生も非常に魅力的だ。
北斎自身はかなりの変わり者だっと言われている。
やはり芸術家は一風変わった人が多いのかもしれない。
色々な人にもっと北斎の魅力を知って欲しいと強く思う。

«
»