大河ドラマに学ぶ日本の歴史

昔、とある大河ドラマにドハマりして以来、歴史にひとかたならぬ興味を持ちました。
学生時代、歴史が大の苦手だった私。
いつも歴史のテストでは赤点だった私が、こんなに歴史に興味を持つことになるなんて、学生時代から考えると予想もしませんでした。

きっかけとなった大河ドラマでは、若い俳優さんが主人公を演じていました。
今では当たり前のことですが、当時の大河ドラマでは珍しい若い俳優さんの起用。
あのドラマをきっかけに、大河ドラマ業界に新しい風が吹いたのではないかと思います。

視聴率はそんなに良くなかったと記憶していますが、私にはそんなことはどうでもいいことでした。
とにかく衝撃的でした。
ドラマの舞台は幕末でしたが、今では考えられないほどみんながみんな日本の行く末を案じ、日本の未来を信じ、命をかけて闘っていたのです。

もともとドラマや映画に影響されやすい性格だとは自覚していましたが、あんなにドラマにハマったのは初めてだと思います。
毎週楽しみで楽しみで、放送を見ては感動し、胸が熱くなり、涙しました。
学生時代にこのドラマを放送してくれていれば、歴史で赤点なんて絶対取らなかったと思ったほどです。

それ以来、幕末ものを中心にドラマや映画を見まくりました。
不思議なことに、外れがないんです。
どれもこれも興味深く、私の心につきささる作品ばかり。

皆時代の流れに惑わされることなく、それぞれが自分の信念のもと真っ直ぐに生きていて、私たちが生きる現代の礎となってくれているのです。
もちろん、どうしても尊敬できない、理解できない歴史上の人物もいますが・・・。
それは、いつの時代も同じこと。

まだまだ知らないことが山ほどある日本の歴史。
若い時はこれっぽっちもわからなかったけど、自分が今幸せに生きていられるのは当時を一生懸命生き抜いたご先祖様のおかげなんだということを知るためにも、歴史を知るということは大事なことだと思います。
今の現代も将来は過去となるわけですから、後世に生きる人達にそう思ってもらえるような生き方をしていきたいものです。

«
»