なくてはならないメガネ

私たちの周りにはありとあらゆる工業製品がある。
人にとってなくてはならない物もある。私の場合はメガネがその一つと言える。
メガネの三大生産地は中国、イタリア、日本。
そして日本で国産メガネの90%をシェアしているのが福井県の鯖江市だ。

メガネを日常的にかける人はよくわかると思うが、メガネによってかけ心地がかなり変わる。
重いメガネはすぐにずり落ちてくるし、鼻パットの部分が合わないと痛くなる事もある。
1日中メガネをかけていると、こうした小さな事がかなりのストレスになる。
デザインだけで自分に合った物を選ぶのではなく、かけ心地や普段の自分の使い方に合わせて選ぶもの大切だ。
私はうっかり者でよくメガネを落としてしまう。
メタルフレームの場合、落とした場所によっては塗装が剥がれてしまう。
耳にかけるメガネの腕の部分ならそんなに目立たないが、レンズを囲うフレーム部分だとこの塗装の剥がれがかなり目立ってしまう。
そうした事から私はセルフレームを使っている。
セルフレームは「セルロースアセテート」と言う素材で出来ている。
鯖江のメガネはメガネ職人が削り出された後のセルフレームを手作業で磨いている。
最近ではこのセルロースアセテートの加工技術を活かしたポップで可愛い耳かきも作られている。
また、メタルフレームと言えばチタン素材が主流だが、このチタンフレームも鯖江市が発祥の地だ。
近頃ではかなり安くメガネが買えるが、世界に誇れる日本の職人の技術から生み出された国産のメガネを使っていきたいと思う。

手当アップのために資格を取得
三六協定チェック可能な勤怠管理システム
在社時間と労働時間管理など勤務実態を的確に、かつ、適切に管理・チェックが可能。有給休暇、半休などもカバー。
biz-work.jp/
関連:www.empreinteeternelle.com

«