読み返しまた成長する自分の日記

日記を書くってとても面白いことです。
私は日記を読み返すことが大好きなのでそう思うのでしょう。
よく三日坊主になってしまう…なんて聞きますが、私はこの日記だけは昔から続いている唯一のものです。

人からびっくりされるのですが、小学生時代から続けている日記。
そこにはいじめられて泣いて帰った日、初めて告白された日の事。
そして、自分の殻から抜け出した時の心など、すごく鮮明に思い出せるように書いてあります。
そして、体操選手に選ばれた日の事も書いてありました。
私は器械体操が大好きで、全く習ってはいませんでしたが、小学校の先生の勧めで地元にあるクラブに所属するようになりました。
今まで学校で私しかできなかった技もそのクラブに入ってしまえば、みんながウォーミングアップでしていたのです。
そんな世界に飛び出した日の日記には、小学生さながら自信喪失している自分の思いがつづられていました。
これからやっていけるのかという不安、それでも上手になりたいと言う意欲とこれから待っている自分の成長への楽しみ。
そんなことが小学生の私の文章力なので、上手に表現できていないのですがさまざまな葛藤が書き綴られていました。
そして、今自分の子どもがまさにそのような立場に立たされています。
きっとこの子は今こんなことを考えているのかな…そんなことを思うと、返事をしなかったり反抗してきたりする息子の姿を叱る前に受容できる自分がいます。
日記はいつになっても私の宝物で、これからもふと立ち止まりそうになった時は日記を読み返したいと思っています。

食肉卸業者の美味しいお肉
食肉卸業者の美味しいお肉解説
お肉の知識・お肉の等級に関する解説は必見の食肉卸業者が東京都内で好評営業中
meat-kimura.co.jp/

«
»